カビ対策工事

カビ防止工事システムのフローと特徴


※Aリフォームはカビが生えていた場合。
※Bコースは新築又は下地張替後、カビが生えていない場合。
※Cは新築改築後に壁内の防カビ標準仕様

仕上防カビの特長

●仕上防カビ施工前に仕上面を殺菌する

 ・仕上面のカビ菌。雑菌を死滅させる

●被膜を作らず撥水性と通気性をあわせもつ

 ・カビ菌が好む水分の浸透を防止し、結露を緩和する

●浸透性を有し仕上材の中に固着させる

 ・仕上げ内部に防カビ成分を固着し効き目を持続する

●無色透明である

 ・殆どの部位に塗布できる

●帯電防止効果で仕上げ面へ埃の付着が少ない

 ・カビの餌のもとをなくす

●ホルムアルデヒド等のVOCの稀発を促進

 ・所定の換気下でホルムアルデヒドを除去する

特許耐久性・殺菌防カビシステム「モルテック工法」について

①基本防カビシステム

●除カビ・殺菌・浸透性撥水剤を用いた溶剤により、内部にゲル層を形成して防カビ性能を固定し、併せて結露緩和・静電気の帯電防止の効能をも有する、総合防カビシステムです。
特許第1451611号

②殺菌消臭システム

●広範囲に及ぶグラム陰性菌,グラム陽性菌(真菌),特にアトピー症患者のいる住居に存在していると言われるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対しても殺菌及び防菌効果を有しています。
特許第12060821号

③防カビ殺菌塗料組成システム

●カビ発生以前に微生物が建築物に付着しないよう、殺菌作用と防カビ作用を同時に備えており、かつ対象物への密着性に優れ、殺菌・防カビの効能が長期にわたり持続する塗料組成システムです。
特許第2079267号

④ホルムアルデヒド除去システム

●所定の換気条件下でホルムアルデヒドを短時間で揮発させ、これを除去する作用と、抗菌・防カビ作用を有する組成システムです。
特許第3382112号